とある自治会の話 - るるカンパニー

お問い合わせ

HOME > るる湘南日誌 > とある自治会の話

とある自治会の話

2019年05月16日

今年は地域の班長の役が回って来ました。役員定例会と云うのが毎月第一土曜日の夜に行われます。環境指導委員さんは先月の不正排出物の発表を行います。
不分別が2件、日にち間違いが4件、場所間違いが4件だったそうです。
また民生委員さんから発表時にその役割について、
児童・障がい者・独居高齢者のお買物の相談に乗っていたりしますが、
ちょっとお困りの様なのは時に
親子関係や嫁姑関係のご相談が持ち込まれたり、庭の選定を依頼されたりしても出来ないと(汗)。

民生とは、民が国民で、生は生計とか生活を意味している、という事も教えて頂きました。
会長様はじめ、副会長、会計の役員の方々、その他色々な役割があり、なかなか大変です。
ちなみに今年の我が班の担当は地域防災で、土曜日の定例会の前に防災部で近所の住宅街を見て回ります。
ボランティアでやることですが役員の皆さまは真面目に一生懸命取り組まれておられます。
自分の住んでいる地域の皆様方が陰でこんなに支えてくれていたのだと定例会に出席する度に思い知らされるのです。
頭が下がります。
たまたま持ち回りで回ってきた役なので元々はやりたくてやってないけれども・・・
この小さなまちを暮らしやすくしていく努力が日々続いています。
人は一人では生きていないのです。
顔は見えないけど、どこかで誰かのお世話になり、時には負担をかけながら生きているのです。
そんなことを感じる時に良い地域に住まわせて頂いているなぁって、じわっと感謝の気持ちが湧き上がります。
人は誰かに守られているのですね。


 

お問い合わせ

お問い合わせ

PageTop