るる湘南日誌 - るるカンパニー

お問い合わせ

HOME > るる湘南日誌

レンゲソウのように。

2020年06月05日

男子の入居者さんのお部屋で以前から気になっていたことがあります。
特に男性の場合、退去された時の汚れを掃除するのはそれはそれは大変な時が多いのです。
ここの所、入居中の
3名ほどの居室にお掃除に伺わせて頂きました。
内2名の方は通所先に通えてない方がいらっしゃいましたが、
掃除を行いつつお話をしていくうちに入居者さんのお顔が晴れていくように感じました。
「来週から」、とか「そろそろと」とか「通所先に行ってみようと思います。」
とコメントした方が1名、また1名と通うようになった時のうれしさは格別です。
ご本人も通わなくてはいけないと思いつつも何らかの理由で行かれなかったでしょう。
気持ちの踏ん切りがつく瞬間から前向きに行動していく人の強さに感動します。
レンゲソウの花言葉は「あなたがいるから苦痛が和らぐ」というのだそうです。
入居者さんの苦痛を和らげる適切な支援を常に考えて実行していきたいものです。

今日の世話人さんから

2020年05月26日

戸塚Ⅲの夕食をお願いしているsさんは関西なまりがあります。
面白い話をよくしています。
何時も自然体で料理上手で、思いやりの深い世話人さんの一人です。
さまざまな世話人さんのお料理を拝見しておいしそうでボリュームもあって感心する事の多い今日この頃です。
どの方も一生懸命に入居者さんに対応してくださり本当に感謝致します。
明るくて、親切で、やさしいけど節度はあって時にはコワい世話人さん各位。
これからもよろしくお願いいたします。一緒に頑張ってまいりましょう。

五月晴れの下で

2020年05月08日

今日は風邪が爽やかで青い空が広がりとても良いお天気です。
栄区のホームに行き世話人さんと業務の引き継ぎを行いました。
今日からゴールデンウィークが開け
いつもよりも少しだけ人通りが多いような気が致しました。
緊急事態宣言が依然発令中であり、各自治体の制限を守りながらですが
弊社がこの5月より開所中の女性限定、障害者グループホームのご案内を
させていただきます。
戸塚区戸塚町の新築アパートにて入居者さんを募集しております。
現在、2名様の入居が決定しております。手前味噌ですが、支援員の主観ながらも
一人暮らしをスタートさせるのにお洒落でかつ落ち着く場所に立地しています。
今回は広く神奈川県内から入居希望及び見学希望者を募っております。
新生活をるるカンパニーのグループホームから始めてみませんか?。
ホームの詳細をお知りになりたい方、内覧ご希望の方は下記連絡先より
お気軽にお問い合わせくださいませ。
お待ちしております。
宜しくお願い致します。
                    
                    株式会社るるカンパニー
                    グループホーム担当    
                    石 黒 070-6987-4097
                    伊瀬谷 070-6965-7904

感染症に負けない為に。

2020年04月10日

「明日から5月10日まで自粛の為就労先に出勤できず、自宅待機となりました。」と報告して下さった入居者さん。
年金と一般就労先から得た収入で生活されております。

時給制ゆえに賃金の大幅カットが予想されるため「手持ちの現金でのやり繰りで気を引き締めていかなければならない」と電話口で決心したように話しておられました。
他にも通所先からの要請でご実家に帰宅するように言われた方やいろいろな影響があります。

ホームでの食事提供時には基本的には部屋出し提供対応を行い、手洗いや消毒の励行、食事以外の時間帯の交流時にはマスクを着用して頂くなどの個人的努力のご協力をお願いしております。

終息の予測ができない日々で、コロナは侮れないと感じます。
自分だけは大丈夫ということはないのです。
気を引き締めて感染予防対策に努め、最大の注意と努力をしてウイルスを寄せ付けない環境を作ってまいりたいものです。
皆様の安全をこころより願っております。

感染症予防のために。

2020年03月16日

本日は支援員のプライベートでの話をさせていただきます。

自治会には役員の通信連絡費というのがあります。

昨日の休日を利用して昼間に各組長さんのお宅に配って回りました。
組長さんは役としては負担が少ないのですが、昼間は働いている方々ばかりでめったにお会いすることができません。

自身も平日の昼間は勤務中ですので、日曜日はご不在かもと思いつつ伺いましたら、いつもはお会いできない方々が若干名在宅していらっしゃいました。

コロナウイルスの影響で商業施設にお勤めの方などは週5出勤が3日に減らされたり、2月の末日より出勤出来てない方もいらっしゃいました。
向こう3ヶ月は出勤が制限されているので、生活が心配だと不安そうな表情でお話を伺いました。
テレワークにも限界がありますし。
実際に相手とお会いして伝えていかなくてはならないことも沢山あるはずです。

しかしながら感染予防と拡大を抑えるためにはマスクはもちろんのこと、外出は必要最低限に抑え、外出先から帰ったときなどこまめに手洗いをすること以外にありません。

互いにいつもよりも増してこうした習慣を大事に励行しながら、この非常事態が終息してくれることを切に願います。


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


 

お問い合わせ

お問い合わせ

PageTop