るる湘南日誌 - るるカンパニー

お問い合わせ

HOME > るる湘南日誌

居場所を見つけるとは?

2019年08月07日

昨年、NHKで「つながり孤独」という造語が紹介されておりました。
SNSの普及する中で多くの人とつながっているのに、そこは本音を打ち明ける場ではなく
他者には自分のかっこよい表面のみを見せているだけかもしれず...。

知り合いのキラキラした日常がSNSでアップされ、それを気軽に知ることになり、自分と比べては落ち込んだり、劣等感や焦りを感じてしまう。
ネガティブな情報は封印され、個々の内面に溜まっていってしまいがちなのだそうです。

一体安心できる居場所はどこに求めればいいのでしょうか?。

グループホームの話になってしまいますが、世話人室で顔を合わせることでお互いのことを知り、徐々に打ち解けていくホームと、
今これから人間関係を作る過程にあるホームがあります。
もちろん人との距離の取り方は簡単ではありません。

相手に近づきすぎて、思わぬやけどをしたり、余計な煩わしさを抱え込んでしまうことがある事も事実です。
しかしながら、お互いにまだまだよく理解しあえていないうちから些細なことでいがみ合い、修復できないままで暮らすのは最も残念な事です。

実際、人間関係の良好なホーム内では入居者さん同士の情緒が安定しています。
絆と言うと大げさですが、ホームで築いた人間関係から安心感を得て社会性を開花させ、自立をしていく方向へ自ら歩みだしていく方も少なからずおられるのです。

るるのグループホームは各部屋が完全個室で、四六時中集団行動という事はなく、自室に戻れば個々の世界を大切に暮らすことが可能です。
世話人室でのひと時の食事タイムを共有することにより、他者の立場を尊重しつつ、自分を大切にし、時には些細な誤解や行き違いが生じたとしても
それを一つ一つ乗り越えて他人と自分の距離はどうとっていくべきかその人なりに学習していく場にしていくこともできるのではないかと期待します。

安心できる場所は、歩み寄る互いの努力によって案外近くに見つかるかも知れません。そんなことを願うような気持でいる昨今です。

地引き網大会

2019年07月19日

去る7月13日 土曜日 毎年恒例の一大イベント行事である、湘南地引網大会が開催されました。
梅雨の晴れ間、薄曇りで過ごしやすい陽気の中で今年は無事に網引きする事ができました。

御来客を迎え賑やかなひととき。
地引網はその時その時で色んな展開があり、飽きないイベントです。

グループホームからも初めて地引に参加される方々もいて、大会前のビーチクリーンにも気持ちよくご参加頂きました。
ホームとは違った表情の皆さんの笑顔を拝見し、なんだかうれしくなりました。

とっても器用に素敵なネイルを塗って来て下さった方。
にこにこしながらフラダンスや刺身を堪能されていた方。
ビーチクリーンでレアもののシーグラスを拾おうと張り切って来て下さった方もいらっしゃいました。
時間が限られている関係でビーチクリーン中にシーグラスを見つけることは難しかったかもしれませんが、宜しければまた探しに御越し頂きたいものです。

今回、ビーチクリーンを行うにあたり、神奈川美化財団様のホーム―ページからビーチクリーンの意義を学びました。
海水浴客や海辺のバーベキューを楽しむ人々の来る夏のシーズンは海岸のゴミが目立つ時期でもありますが
実は海のゴミのうちの7割が市街地や山岳部を流れている河川や大雨で増水した時の下水から流れ着いたゴミであり
機械で拾うよりも人の手でなければ拾えないゴミもたくさんあるという事。
そういうゴミたちのもとを探れば、海のゴミは街の汚れであると結論できるそうなのです。

とても勉強になりかつ昨今の環境破壊の影響の深刻さに思いをはせずにはいられませんでした。

地引き網大会中はフラダンスの披露や、マグロの解体ショー、すいかわり、ビーサン飛ばし大会など、それぞれの企画を楽しみ、癒されました♡。

グループホーム交流会

2019年07月05日

去る6月29日 第4回目のグループホーム交流会を行いました。

あいにくの雨模様ながら夢庵でランチの後、15時より劇団ぽかぽかの「はだかの王様」を鑑賞。

今回は地引網大会も控えており、仕事のお休みを入れられず参加者はやや少なかったものの、落ち着いた雰囲気の中でゆったりとした気分で交流を楽しむことが出来ました。
参加した方々が楽しかった、と次々コメントして下さり、ホッとしております。

新しく開所したホームの入居者さんも参加してくださいました。
交流の趣旨をよく理解して下さって居り、何かと他のホームの方とコミュニケーションを取ろうと心がけてくださいました。

ホームの入居者さん同士無理に仲良くする必要はありませんが、お互いに立場を尊重しあい、程よい距離感を持ちながらお付き合いをしていけるといいですね。

家族の為に出来る事の内一つだけ。

2019年06月20日

夏が徐々に近づいてきてムシムシするこの頃、梅雨明けを待つかのように立葵の花があちこちに逞しく咲いています。

るる湘南のお隣にオープンしたての『ル*リー』では無添加のドッグフード(アイテム豊富な品ぞろえ)とキャットフード(レトルト・牛・馬・羊・山羊)を販売しております。

飼い猫のジャンボ(17歳・オス)にこの三日間ほど、『ル*リー』のレトルトフードを食べさせてみています。

普段は15歳以上のレトルトパウチを与えています。

固いかな?と思いきや、食いつきが良くむしゃむしゃと平らげていきます。

ジャンボは口内炎がなかなか治らず、獣医さんから歯を全部抜糸して治療する方法があると伺いましたが、高齢ゆえに全身麻酔に耐えられないだろうという事で内服薬などで対症療法的に抑えています。

口の中に触ると痛い所があるらしく与える時は器を傾けて食べられる歯を使って食べていますが、食後は目がニコニコしているように細くなりゴロゴロ喉を鳴らし、満足していることが分かります。

老い先短いこの猫は家で娘と夫がプール帰りの舟地蔵公園でみゃーみゃー泣いていた雌の野良猫を拾ってきたことでその猫が6匹も子供を産み、江ノ島のペット屋さんに飼い主を仲介してもらいに行こうとしたときに、夫がどうしても、ウチで飼いたい❣と手渡す直前に抱き上げて家に連れ戻したという由縁があります。

家で生まれて家で看取る事になるであろうこの猫。

当初は特にかわいいと感じることもなく「結局面倒を見るのは主婦だし・・・」と100%義務感だけで接していました。

それなのにちょっと外出する時などは玄関先で外を見張るように座って遠くを見るような目をしてじっとしています。
猫なりに家族を守ろうとしているみたいです。

他の家で飼っている猫がなぜか飛び入りで遊びに来たりすることがあるのですが、そんな時も喧嘩一つせず、つかず離れずの距離感を持ち目を細め、突然のお客さんを眺めています。

人徳ならず猫徳のある猫?でしょうか。色々な経過を経て結構いいやつなんだなと思うようになりました。

『ル*リー』のキャットフードはそれ相応なお値段ですが家族と思えばこそ。
少し奮発しても日頃留守番を頑張ってくれるお礼のつもりで口から御飯が食べられるうちに食べさせたいと思います。

ドッグフードが主流の店内に加え、キャットフードも販売しておりますので、何卒宜しくお願い致します♡♡♡。

家事をする事。

2019年06月05日

グループホームの夕飯時、またまた時間の無い支援員は17時を過ぎてホームの夕飯準備に
取り掛かることもしばしばな今日この頃です。

18時前後になってしまったりすると内心かなり焦っています。
入居者の皆さんに手を洗って頂いてお手伝いをお願いします。

5月のある日にハンバーグをこねてもらいました。

予め玉ねぎを刻み軽く炒めて、パン粉を牛乳に浸し、
ボールに合いびき肉を入れてコネコネコネコネ.........❣。
かなり粘り気が出た所で生卵と先述のパン粉、玉ねぎを入れて軽く混ぜます。

塩コショウをして成形していきます。今日はコネコネと成形をそれぞれやって頂き
その間に、カットしておいた生トマトやレタスなどを皿に盛りつけて頂いたりと
お願い致しました。何とか18時半過ぎにスープもデザートの果物も整いました。

ダウンロード.jpg

※みなさん食べ始めてしまい写真を撮るのを忘れてしまったのでイメージで♡

中には気乗りしない方も勿論いらっしゃいますが、無理強いはしないようにします。
「頂きます」をして今度は食べることに集中しています。
お腹が空いていたのでしょうね。いつも遅れがちで申し訳ありません...。

ちょっと家庭で美味しいものを食べている時に無言になってしまう
家族団らん中みたいで微笑ましい♡❣

場合によっては世話人さんがひとりで作った方が段取りも良く、
ささっと出来たりすることもありますが、
世話人さんも入居者さんもお互いに無理のない範囲で細く長くこんなささやかな事を
自立支援の一助として続けていけたらいいなぁと感じています。


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


 

お問い合わせ

お問い合わせ

PageTop